滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



「音楽は裏切らない」

岡田さん&長農「けいおん」コンサート
 長浜農業高校軽音楽部の指導をしているシンガーソングライター・岡田和宏さん(36)のコンサートが23日、米原市のルッチプラザで開かれ、岡田さんの教え子や仲間たちが楽しいステージを披露した。
 岡田さんは大学卒業後、兄の健太郎さんと兄弟ユニット「ファミリー」を組み、東京に進出。「矢印」でCDデビューを果たしたが、その後、地元に帰りしばらく音楽活動を休止。
 自身の生き方を見つめ直していたところ、知人の紹介で、軽音楽同好会の指導を任されることに。新天地に活路を見いだすように、学校に行ったが、見知らぬ外部講師のため、「よそ者」という意識が壁となり、生徒たちが反発することも。
 しかし、岡田さんは根気よく、楽器の基本的な技術をアドバイス。やがて「やんちゃな子たちが真面目に取り組むようになり」(岡田さん)、1年で同好会から部活動に昇格。部員も10人から32人まで増えた。
 岡田さんは東京の音楽仲間を特別講師に招き、さらにレベルアップを図った。レパートリーも増え、月3回程度、ライブや発表会に参加している。
 この日のコンサートでは生徒たちが学年別にバンドを組み、「栄光のかけ橋」や「アンパンマンマーチ」、「世界にひとつだけの花」や「ちいさな恋のうた」などを演奏。岡田さんら外部講師5人のバンドが「THE Visitor(外来者)」「矢印」などを熱演した。
 このステージで引退する3年の磯崎友之さんは「(岡田)先生は友だちのように接してくれ、温かく指導していただいた。音楽で人の輪が広がった」と喜び、「最後にこのような機会を与えていただいて本当に良かった。最高の3年間だった」と感激。
 岡田さんは「この3年間は私にとっても良い勉強となり、音楽は支えになり、裏切らないことを教えてくれた」と振り返り、「生徒たちには音楽でも、何でも自分のやりたいことを続けて欲しい」とエールを送っていた。


2013年12月24日 17:09 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会