滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



総額160万円を社協に寄付

フタバヤ、「善意のかけはし」運動で
 フタバヤ(中川智之社長)は9日、長浜、米原、彦根の3店舗で実施したキャンペーン「善意のかけはし」の収益金など総額160万円余りを地元の社会福祉協議会に寄付した。
 キャンペーンは10月17日から11月末まで、同社が指定する70品目を購入すれば、うち3円を社協の「善意銀行」に寄付するもので、期間中、計56万9661円にのぼった。また、店内設置の募金箱に寄せられた14万2987円、取引業者約70社で構成する「睦会」の協賛金45万円を合わせ、総額116万2648円となった。この日、長浜、米原、彦根の3カ所の社協を訪問し、寄付金を手渡した。
 長浜社協では、中川社長が「地域の福祉のため、困っている人のために使っていただければ」と目録を手渡すと、一居隆夫会長は「福祉のために大切に使わせていただきます」と礼を述べた。
 これとは別に伊豆大島復興対策運動募金箱に寄せられた48万9017円も寄付した。


2013年12月10日 16:09 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会