滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



「笑顔」のカクテルで準優勝

バーテンダー西村さん、全国大会で
 全国の若手バーテンダーが技を競う「ジュニアカクテルコンペティション」が18日、仙台市内のホテルで開かれ、北ビワコホテルグラツィエの西村孝也さん(22)が「笑顔」をイメージしたカクテルで準優勝を果たした。
 コンペは日本ホテルメンバーズ協会(HBA)とキリンビールが主催し、地域予選を勝ち抜いた29歳以下の若手バーテンダー28人が3部門に出場した。「きずな」をテーマに、4分以内に5人分のオリジナルカクテルを作り、味と香り、見た目、動作の美しさが審査の対象となる。
 西村さんはジンを用いるショートカクテル部門に出場。ジンに金柑酒、フレッシュレモンジュース、和歌山県原産の柑橘類ジャバラの濃縮果汁を加え、グレープフルーツとオレンジの皮で作った笑顔の飾りを添えた。「キュア・スマイル」(癒しの笑顔)と名づけたカクテルは酸味と甘みのバランスが程よく、「笑顔のバトンがつながり、日本中が幸せになるようにとの思いを込めた」という。
 大津市出身でホテル専門学校を経てグラツィエに入社。バーテンダーに憧れていることを知ったホテルの先輩の勧めで、勤務後、彦根市内のバーでマスターからイロハを教わってきた。大会前には連日、閉店後のバーで未明まで特訓。シェーカーを振る動作の美しさなどを追求してきた。
 準優勝に「本番では緊張するからと、何度も練習を繰り返したのが良かったのかもしれません」と振り返り、「グラツィエにはバーはありませんが、依頼があれば喜んで作ります。将来はベテランも参加する大会に出場したい」と話している。


2013年11月21日 16:32 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会