滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



仮装して、みんなで踊ろう

出会いと交流、老若男女に呼びかけ
 仮装してフォークダンスを踊り、出会いと交流を—。長浜市内の5人の若者が26日夜、曳山博物館の広場で「ハロウィン・ナイト」と題した催しを初企画し、準備を進めている。
 催しを企画したのは坪居千尋さん(26)=元浜町、間塚悠さん(26)=堀部町、武市萌美さん(25)=四ツ塚町、竹中慎吾さん(26)=朝日町、平野愛さん(25)=三和町=の5人。メンバーのイニシャルを参考に、「街」を「前進させる」との思いを込め、グループ名を「MARCH’S」とした。
 「私たちの友達を含め、若者が商店街に集まらない。『地元っていいな』と思えるような、何か面白いことをしたい」と催しの計画を話し合い、「知らない人が手を繋ぎ、出会い、打ち解ける機会となる。新しい交流が生まれる」とフォークダンスを催しのメインとした。商店街の活性化を目指す若者の取り組みに、長浜商工会議所も後押ししている。
 当日は午後6時から仮装コンテストや写真撮影、午後7時半から「オクラホマミキサー」「マイムマイム」「ジェンガ」を踊る。指導もあるので、初心者でも楽しめる。
 現在、メンバーが飾りに使うカボチャの加工などに取り組んでおり、坪居さんらは「とにかく当日は楽しむのが目的。若者だけでなく、子どもも大人も、仮装して参加してほしい」と来場を呼びかけている。
 参加無料。仮装していなくても参加できる。飲食物の販売はない。問い合わせはピザタイムこめか℡(64)1315へ(午後1時〜6時、火曜定休)。


2013年10月09日 18:55 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会