滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



一番山を引き当てろ!

長浜西中学生、曳山のくじ取り式を体験
 長浜西中学校の1年生がこのほど、市街地で地元の曳山まつりを学ぶ体験学習を行った。
 同校PTAが長浜の伝統文化を学んでもらうために企画。生徒がウォークラリー形式で曳山の収蔵庫を順番に見てまわり、曳山博物館伝承スタジオで「くじ取り式」を体験した。
 くじ取りは、長浜八幡宮で歌舞伎を奉納する順番を決める儀式。体験では、生徒が18グループに分かれて式に臨み、赤鉢巻の「くじ取り人」の生徒18人が、丸めたくじが置かれた三方を選んだ。場を盛り上げるため、各山組の若衆が法被姿で参加し、くじ取り人が三方を選ぶたびに「ヨイサ、ヨイサ」と気勢を上げていた。
 一番くじを引き当てた山根瑞季さんは「曳山まつりは知っていたが、くじ取り式は初めて。体験できて良かった」と話していた。


2013年09月25日 17:05 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会