滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



10月21日、供用開始

長浜赤十字病院の立体駐車場
 長浜赤十字病院の立体駐車場が、10月21日から供用開始となる。
 同病院では平成23年3月から施設の整備を進めており、旧2、3号館跡に4階建ての立体駐車場(338台)、その周辺に108台の平面駐車場を設ける。従来(258台)と比べ約1・5倍の収容が可能となり、同病院では「長年の駐車場不足を解消できる」としている。
 一般が1時間まで、外来患者は3時間まで無料だが、これを超えると1時間ごとに200円を加算。1日の最大料金は1000円。
 開設に伴い巡回バスは廃止。院外駐車場は職員専用となる。

本館増築棟が完成 検査機能を充実
 新2号館に続き、8月末に本館増築棟が完成した。
 鉄筋2階建て延べ1143平方㍍の建物で、1階にMRI検査室と血液造影検査室が各2室あり、脳や心臓などの重症患者に対しての迅速な対応が可能となった。現在、機器の調整をしており、10月1日からの本格稼働を予定している。
 2階の消化器内視鏡センターは以前の2倍の広さとなり、下部消化器検査室が2室に。外来治療室のベッド数も7床から13床になり、今後、増加が予測される胃や腸などの内視鏡検査に柔軟に対応できる。新棟での診療は17日から。
 このほか、救急救命センターの機能拡充工事をしており、全工事の完了は12月下旬。竣工式は来年1月26日。


2013年09月13日 18:16 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会