滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



湖北各地で地蔵盆賑わう

木之本、米原の上丹生に参拝客
 湖北各地でこの時期恒例の地蔵盆が開かれ、賑わっている。
 木之本町の木之本地蔵院では22日から大縁日が始まり、学業成就、家内安全などを願って拝む人や目に御利益がある「身代わり蛙」やお守りを求める参拝客であふれている。25日までの期間中、ご祈祷法会や大法要がある。
 また、ふるさと夏まつり実行委員会(武田正彦会長)は縁日に合わせ、25日午後8時から、木之本運動広場運動場(西山)で、スターマインなど約1800発の花火を打ち上げる。


屋台の防火対策を点検 爆発事故を受け、警察・消防など
 京都府福知山市の花火大会で60人が死傷した屋台爆発事故を受け、木之本署、長浜市などは22日、木之本地蔵大縁日に出店している屋台の防火チェックを行った。
 門前通りの北国街道、地蔵坂には約140の露店、模擬店が出店。福知山の事故は照明発電機用の燃料爆発が原因とみられているため、全店に対し▽ガソリンの持ち込み、使用禁止▽消火器、水バケツの設置▽消火栓、消火器ボックス周辺には店を設置しない—ことを通達している。
 この日は署員と地元関係者ら25人が、2班に別れ3項目を点検したほか、湖北地域消防本部の署員がコンロ周辺の防火対策やプロパンガスの設置状況、ガスホースに亀裂がないか、などを調査。適合した店には点検済みのシールを貼った。
 露天商はまつりの実行委員会が用意した電源で照明を確保しており、湖東露店商協同組合の山口工代表(60)は「警察、消防と協力して、安全で楽しんでもらえるようにしてゆきたい」と話していた。なお、点検は23日も行われる。


2013年08月23日 18:12 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会