滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



ふるさと祭に1・5万人

高月でステージや門前市、賑わう
 観音の里たかつきふるさとまつりが4日、渡岸寺観音堂(向源寺)をメイン会場に開かれ、1万5000人(事務局発表)の人出で賑わった。
 県警音楽隊のパレードで開幕し、ステージでは民謡や和楽器の演奏などが行われた。境内には地元の特産品などを販売する門前市が並び、山門前では「人気漫画家になれますように」「サッカーが上手くなれますように」「元気で過ごせるように」など参拝者が願いを込めて短冊を吊した風鈴が涼しげな音を奏でていた。
 町内の観音様を巡る巡回バスや定期バスはほぼ満杯。同まつり実行委員長の中川定次さんは「地区ごとにスイカやお茶などで、お客様のおもてなしをしていただいており、これが人気に繋がっている」と話していた。


2013年08月05日 18:59 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会