滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



弓道など4種目で総体へ

北部九州、湖北の4高校から
 今夏、北九州地域で開かれる北部九州総体(インターハイ)に、湖北地域の4校が弓道、相撲、柔道、ホッケーの4種目で出場する。
 長浜高校は弓道部の山下知之選手、宮地百合子選手がともに県大会2位で総体へ。同校からの個人出場は初。県大会で優勝した女子団体は池田美咲、森なつみ、高山紗彩、小谷さくら、宮地百合子、清水沙也加の6選手がメンバー(いずれも3年)。キャプテンの池田選手は「最後の大会。全力を出して良い思い出を作りたい」と抱負。
 相撲個人の部では田中洸司郎選手(2年)が2年連続出場。田中選手は長浜農、日体大で活躍した父・敦司さんの影響を受け、5歳の時から相撲を始め、小学6年の時、県大会で準優勝。中学、高校ではアメフト部に所属しながら、近江高、県立武道場で稽古に励んでいる。
 小手投げを得意とする田中選手は県内で無敵。「大会ではとりあえず予選突破が目標」と話している。
 長浜北星高校は弓道部の澤頭啓恵選手(3年)が県大会で優勝。澤頭選手は「弓道はとっても楽しい。精一杯頑張って、後悔しないようにしたい」と話している。
 伊香高校からは女子柔道部の中島萌花選手(2年)と清水美緒選手(1年)。今月7日に開かれた県予選では中島選手が63㌔級、清水選手が78㌔以下級で優勝。中島選手は「まずは1回戦突破。自分の力を試したい」と話し、清水選手は「持ち前とする『前に出る柔道』で勝ち続けたい」と意気込む。
 伊吹高校はホッケー部の男子が30年連続、30回目。女子が16年連続、27回目の出場。22、23日の近畿予選で男子が立命館(京都)、女子が紀央館(和歌山)を破り、決定した。
 なお、試合日程は▽弓道=8月1〜4日、北九州市特設弓道場▽相撲=2〜4日、長崎県平戸市文化センター▽柔道=11日、福岡市民体育館▽ホッケー=2〜7日、大分県九重町と玖珠町。


2013年06月27日 17:25 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会