滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



黒壁再生へ2億7千万円

長浜市が補正予算案、市職員給与削減も
 長浜市は6月3日開会の市議会定例会に総額約4億1400万円の一般会計補正予算案など計8議案を提案する。設立から四半世紀を迎えた第3セクター「黒壁」に2億7250万円を投じ、改修事業を支援するのが目玉。
 商店街復興のシンボルとして全国的に注目を浴びながらも業績低迷にあえぐ黒壁は今年2月の臨時総会で、社長が交代。大阪市で経営コンサルタント会社を運営する弓削一幸新社長が「黒壁ルネッサンス」と銘打った改革を打ち出し、美術館の廃止などを宣言していた。
 黒壁は総額3億2250万円のリノベーション事業を計画し、黒壁美術館をフレンチ・カジュアル・レストランに衣替えするなど、9店舗を改修する。ガラス工房や体験教室などの機能を拡充、強化する方針。事業費のうち2億2250万円を国土交通省の地方都市リノベーション事業の補助金採択を受けた。また残り1億円のうち、市と民間がそれぞれ5000万円を増資する。
 このほか一般会計補正予算案では▽高月体育館耐震改修工事8200万円▽長浜八幡宮から西へ伸びる通りの石畳への改修6712万円▽林道大吉寺支線整備3100万円▽加納町の認知症高齢者グループホーム整備補助3540万円▽旧東保育園(南小足町)の自治会館への改修1600万円—などを計上した。
 また、政府の要請に基づき、市職員の給与を7月から来年3月まで平均4・8%、12月のボーナスを一律2・9%減額する給与特例条例を提案する。特別職の給与月額も現行の5%減から10%へ引き下げる。
 一方で、地域手当は現行の1・0%から1・5%へ引き上げる。


2013年05月27日 17:42 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会