滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



湖北の料理情報を発信

女性グループ「赤谷の里」が発足
 旧湖北町の女性ボランティアグループが、「農村婦人の家 赤谷荘」(小谷丁野町)から地元の料理情報を発信しようと活動を始めた。
 施設は昭和55年、農村女性の地位向上と健康維持、情報交換の場として開設され、県、町、農協がバックアップ。地域の米や野菜を使った料理講習会や保存食の加工などを行い、中でも「味噌道場」は人気で、最盛期150件の利用があった。
 しかし、設備の老朽化や農家の減少、高齢化で、利用が少なくなり、地域団体やまちづくり会社が運営を引き継いだが、長続きせず、以前のような賑わいも取り戻すことはできなかった。
 「地元の婦人のために、建ててもらった施設。女性の手で存続させ、昔の活気を取り戻したい」と特産品を開発していた岸田佳子さんや食事文化を研究している肥田文子さんらが中心となり、料理好きな仲間を集め、女性グループ「赤谷の里」を発足、活動することに。
 今月から月2回の予定で料理講習会を開催。ホテルの元調理長を講師に迎えた和食教室やイクメンクッキング、ふな寿司や地元食材を使った精進料理のほか、伝統の味噌作りを復活。また、弁当サービスや地域の人が集える軽食喫茶なども計画している。グループは料理講習の参加や弁当利用者、賛助金や寄付を募集している。問い合わせは岸田さん℡080(5362)0284へ。


2013年05月13日 15:45 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会