滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



徳田さん「希望と絆」写真展

源希倶楽部、南三陸の復興を願い
 東日本大震災の被災地の支援活動をしている市民団体「源希倶楽部」代表の徳田智史さん(30)は、長浜公民館で宮城県南三陸町の復興を願う写真展を開いている。28日まで。
 徳田さんは新聞などで報道される被災地の惨状を見て、昨年3月、被災した同町の少年野球チーム「伊里前ブルーオーシャンズ」の子どもたちを激励するため、現地を訪問。瓦礫の山や多くの犠牲者が出た防災庁舎などの惨状を目の当たりにし、写真に収めた。
 メンバーが集めた義援金を届けるため、今年3月、再び同町を訪れたが、瓦礫や建物の残骸は撤去されたものの、更地のまま。地元の人によると少しずつ、復興に向かっているが義援金やボランティアの数は減少し「風化されることが一番辛い」という。
 「希望と絆」と題した写真展では被災地の移り変わりをパネル62枚で紹介している。徳田さんは「『まだまだ』という気持ちは否めない。写真を通して、これからの支援のあり方を考えてもらえれば」と話している。
 午前9時から午後5時。月曜休館。


2013年04月20日 18:22 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会