滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



華やか衣装で堂々の演技

長浜曳山まつり、3万人の人出
 長浜曳山まつりが15日、クライマックスの本日を迎え、長浜八幡宮の境内に並んだ曳山の舞台では、華やかな衣装に身を包んだ子ども達が歌舞伎を披露した。初夏を思わせる陽気に包まれ、この日は約3万人の人出(長浜市発表)で賑わった。
 長刀組の子ども達による太刀渡り(写真左中)の後、一番山の孔雀山の舞台で福沢亮真君(10)が三番叟を舞って、子ども歌舞伎の開演を祝った(写真左上)。孔雀山の「義経千本桜道行初音の旅」(写真右上)を皮切りに萬歳樓、常磐山、翁山の順に歌舞伎が奉納され、役者が見栄を切るたびに「よく出来ました」「親の顔を見てみたい」などと観客や若衆から声が上がっていた。
 萬歳樓では盲目の沢市と遊び人の雁九郎の二役を務める岩根大知君(11)が何度も早替わりして観客を沸かせ(写真右下)、孔雀山では狐の法力に操られる悪役の小笠原悠斗君(8)、高橋路由君(6)がコミカルな演技で笑いを誘っていた。
 八幡宮での奉納後は大手門通りやお旅所でも歌舞伎が演じられた。
 参道には軽食やゲームの屋台が並び、子ども達が歌舞伎そっちのけで、まつりの雰囲気を楽しんでいた。八幡宮向かいの佐藤啓太郎さん宅では長浜西中生による茶席が設けられ、授業で遠州流茶道を学ぶ生徒達が観光客をもてなしていた(写真左下)。


2013年04月16日 18:26 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会