滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



縄ないや石臼挽きも

南郷里小3年が昔の生活を体験
 南郷里小学校の3年生88人は24日、米原市の伊吹山文化資料館で、昔の生活を体験した。
 同館のサポーター団体「友の会」のお年寄りら17人が講師となり、かき餅焼きや石臼挽き、縄ないなどを体験。アツアツのかき餅を食べたり、昔使われていた養蚕やもぐさの製造器具、五右衛門風呂などを見学した。
 石臼で、大豆を挽いた阿辻泰征君は「(きな粉は)甘くはないけど、噛んでいると、おいしい。重い石臼を回すのは大変で、昔の人の生活は厳しかった」と話していた。


2013年01月24日 16:22 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会