滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



生命の神秘、植物の気配描く

一居弘美さんの油絵展、ギャラリー楽座で
 石田町の油絵作家・一居弘美さん(51)の作品展が20日までギャラリー楽座(元浜町)で開かれている。
 一居さんの作品は、植物や生物をモチーフに命の持つ神秘を表現した作風が特徴で、小磯良平大賞展、上野の森美術館大賞展、青木繁記念大賞展などで入選している。
 作品展ではタンポポの綿毛が空に放たれる瞬間を描いた「Seeds」シリーズを中心に「ボタン」「あじさい」「コスモス」など、0〜50号の20点を展示。植物を写実的に忠実に描くのではなく、淡い色使いと繊細なタッチで植物のもつ「気配」を際立たせている。一居さんは「動物なら動きや臭い、声でその気配が分かる。植物の持つ微妙な生命の気配を感じてもらうため、色をはじめ、いろんなものを省いて表現しました」と説明している。
 午前10時から午後5時まで。入場無料。


2013年01月08日 17:04 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会