滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



昨年の県内倒産111件

TDB集計、建設業が41件占める
 帝国データバンク滋賀支店は2012年の県内の倒産集計を発表した。
 負債1000万円以上の倒産件数は111件(前年比6件増)で、負債総額は557億2000万円(同318億7000万円増)となった。甲賀市の富士スタジアムゴルフ倶楽部が430億円の負債を抱えて倒産したことが、負債総額を押し上げた。
 業種は「建設」が41件を占め、「食品・化学」が22件と続く。倒産の主要因は「市況の悪化にともなう販売不振や受注の減少」など景気変動によるものが101件を占めた。
 2013年の展望について、同支店は「自民党政権下での『国土強靭化計画』で県内の建設業や不動産業を中心に景気回復への期待感が高まっている」としながらも、輸出依存型の大手製造業などの業況回復は見られないとし「200兆円と言われる予算配分に期待する以外にV字回復への道程は厳しい」と分析している。


2013年01月15日 18:08 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会