滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



卒業式にコサージュを

長浜農高の生徒が被災地を応援
 長浜農業高校の生徒たちが26日から、被災地の卒業児童にプレゼントするコサージュ作りを始めた。
 東日本大震災の被災地、岩手、宮城、福島の3県では被災した小学6年生が約5万2600人在校しており、コサージュ作りの「卒業式応援プロジェクト」は日本デザイナー協会(NFD)が企画。
 フラワーデザイナーらが専門職の技術を生かし、今後、5年間、コサージュを卒業式に合わせ制作し、今回は津波で校舎が流出したり、校舎が全半壊した学校の児童1万5000人に贈る。
 同校ガーデン科の橋添武次教諭は同協会の会員で、「授業で学んだ技術を生かしては」と話を持ちかけたところ、「仲間を助けたい」との思いで、生徒達が自主的にボランティア活動を始めたという。
 コサージュはガーベラとラズベリーのドライフラワーを組み合わせ、オレンジのリボンを飾り付けるもので、「ご卒業おめでとうございます」と書かれたメッセージカードも同封する。材料はすべてNFDから支給される。
 同校ではガーデン科、生物活用科の生徒ら146人が冬休みなどを利用して240個を作成する。完成品はNFDを通して卒業式までに被災地の小学校に贈られる予定。ムリチ・キオシ君(3年)は「心を込めたコサージュで卒業を応援したい」と話している。


2012年12月26日 18:38 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会