滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



盆梅展へ気運盛り上げ

書の展示やポスター総選挙
 来年1月19日に開幕する恒例の「長浜盆梅展」への気運を盛り上げようと、JR長浜駅の2階自由通路に伊吹高書道部が大書きした書が登場し、駅利用者の目を引いている。15日には盆梅展会場の向かいにある鉄道スクエアで各地の盆梅展のPRポスターを並べた「全国梅ポスター総選挙」も始まった。
 長浜駅の書は長浜観光協会の依頼を受けた伊吹高書道部の生徒達が先月、慶雲館で制作。部員6人が縦2・9㍍、横3㍍の和紙に「長浜盆梅展」の文字を力強く書き上げ、「盆」の文字には梅の枝と花を添え、「梅」は赤い墨を使った。豪快な筆遣いに駅利用者が写真に収める姿も見られる。3月10日まで展示している(写真上)。
 一方、鉄道スクエアで始まったポスター総選挙では全国の盆梅展、観光梅林の主催者に呼びかけ、27点の協力があった。積雪の富士山をバックにした構図が鮮やかな「小田原梅まつり」(神奈川県小田原市)や、東海地区最大級の梅林がある三重県いなべ市の「梅まつり」、雛祭りとセットで楽しめる「修善寺梅林」(静岡県伊豆市)など、長浜盆梅展にはない魅力も(写真下)。
 なお、2月17日までポスターの人気投票を行っており、抽選で10人に長浜の特産品が当たる。


2012年12月15日 14:18 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会