滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



太陽光発電、前年の3倍

長浜市の助成金、大幅な伸び
 長浜市の太陽光発電システム設置補助金が今年度、半年足らずで昨年の実績を上回った。今後も応募が殺到することを見込み、市は12月議会で、3800万円の予算を追加する。
 市は太陽光発電システムの設置に関し、1件あたり15万円の助成をしている。昨年度は95件(1425万円)の実績があり、今年度も90件(1350万円)の利用を見込んだが、10月末の時点で133件(1995万円)の応募があった。
 特に8〜9月にかけ、大幅な伸びを示しており、市では今後もさらに伸びると上方修正。年間343件の利用を想定し、不足分の253件分を追加。3800万円を予算化した。
 市によると発電システムの価格は200万円前後だが年々、値下がりしており、国の助成金(15万円)や売電(1㌔㍗42円)などを活用すれば、13年程度で投資費を回収できるといい、これが人気の背景になっているとみられる。
 【長浜市の太陽光発電システム設置補助金制度】自然エネルギーの普及推進のため、市内の業者を利用し、市内の住居、店舗、事務所、倉庫などに2㌔㍗以上の装置を設置した場合、最高15万円の商品券で交付。これとは別に国は1㌔㍗当たり3万円(システム価格が1㌔㍗55万円以下の場合)を助成。現在、電気の買い取り価格は1㌔㍗当たり42円。


2012年11月27日 11:54 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会