滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



元三大師生誕千百年

虎姫時遊館で16日まで、講演会も
 三川町の虎姫時遊館で、「元三大師」生誕1100年を記念した企画展が開かれている。
 元三大師(良源)は延喜12年(912)、三川に生まれ、幼い時から比叡山で修行を重ね、55歳で第18代天台座主に。堂塔の整備や教学の振興に功績をあげ、「中興の祖」とも呼ばれ、おみくじ大師や厄除け大師としても有名。
 企画展では元三大師とゆかりが深い「木造薬師如来座像」(智蔵院)や「慈恵大師像の掛け軸」(光明寺)、江戸中期から昭和にかけてのおみくじ箱、昨年、地元の人たちが作った「元三大師かるた」の原画など約40点を展示。午前9時から午後5時、16日まで。無料。
◇    ◇
 11日午後1時半からは講演会。大津市歴史博物館の寺島典人学芸員が「元三大師の肖像と文化」をテーマに話す。無料。問い合わせは同館℡(73)5030。


2012年11月07日 18:00 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会