滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



ガラスと自然木の共演

柴田さん、内保町で初の個展
 元小学校長の柴田郁造さん(65)=室町=の初の個展「ガラス光彩&木質を楽しむ造形遊美」が1日から内保町内で始まった。6日まで。
 「小学生のころからモノを作ることが大好きだった」と語る柴田さんは彦根市の平田小、鳥居本小、米原市の伊吹小校長などを経て、4年前に定年退職したのを機に工芸や彫刻を始めた。「ノートルダム寺院など海外の教会を訪れた際、ステンドグラスに光が差し込む美しさに感動した」と、黒壁で2年間、ステンドグラスの創作を学んだ後、ステンドグラスと自然木を自由な発想で組み合わせた作品を作っている。
 個展では長浜市美術展、米原市芸術展などの入選・入賞作品10点を含む、ランプやオブジェなど約50点を並べている。会場は内保製材モデルハウス「感響の家」。市役所浅井支所から東へ徒歩3分。午前9時半から午後5時まで。


2012年11月01日 16:10 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会