滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



木下さん、卓球で英国へ

長浜高等養護OB、パラリンピック出場
 長浜高等養護学校(平方町)の卒業生、木下佑輝さん(21)が日本代表として、ロンドンパラリンピックの知的障害の部、卓球個人で出場することになり、20日、母校で激励会が開かれた。
 大津市出身の木下さんは小学校の時から卓球を始め、唐崎中学では部活とクラブチームで活躍した。高等養護学校時代は電車で毎日、片道2時間かけ通学。隣接する長浜高校卓球部の仲間と、腕を磨いた。
 昨年イタリアで開かれた知的障害者の国際大会グローバル大会と香港のアジア大会でベスト4入り。知的障害クラス卓球は世界で6人しか出場できないが、木下さんは2大会の総合ポイントで上位に入り、代表に選出。現在は横浜でトレーニングを重ねており、8月29日から始まるオリンピックに向け、調整している。
 激励会で木下さんは「6年前、この学校に入学した時、1期生だった。僕たちを受けとめてくれるか、否定しないか、うまくいけるだろうか、と不安だったが、長浜高校の仲間たちと馴染むことができた」と当時を振り返り、「私を支えてくれたのは母校の校歌。『明日に向かって』『文化を開いて』『平和』などの歌詞に励まされた」と語り、大会については「実力では格下。チャレンジャーのつもりで挑みたいが、すでにメダルは取っている。取るなら金しかない。あと1カ月、最高の状態で、メダルをとりたい」と抱負を述べた。


2012年07月20日 17:00 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会