滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



長浜市のいじめ対策は?

昨年度13件確認、「教師の観察が大切」
 大津市で昨年10月、同級生からいじめを受けていた男子生徒が自殺した事件は11日、県警による市役所と学校への家宅捜索へと発展した。県警は押収した資料をもとに同級生が男子生徒にどんな行為をしていたのかを裏付ける方針だが、大津市教委と学校側の隠蔽とも受け取れる数々の行為が警察の介入を招いた。
 いじめ問題は全国の教育現場で課題となっている。長浜市教育委員会では早期発見にどう対処しているのか—。
 長浜市内の小中学校では2011年度13件のいじめを確認した。内訳はからかい・悪口6件、無視・仲間外れ5件、パソコン・携帯電話による誹謗中傷2件だった。
 市教委教育指導課によると、市内の小中学校では年3〜6回のいじめアンケート、子どもと教師が1対1で向き合う「教育相談の日」、校内の落書き、インターネットの調査などで、いじめの早期発見に努めているが、同課の飯田一蔵副参事は「教師が児童・生徒をきめこまかに観察し、成績が落ちている、笑顔が減った、といった変化に気付くことが大切」と語る。
 いじめが発覚した場合は「まずは被害者の安全確保が最優先。そして加害者、周囲、被害者から平等に確認を取り、事実であれば保護者を含め指導を行う」としている。 
 大津市の事件について「なぜ自殺に追い込まれる前に周りが対応できなかったのか、心を痛めている」と話している。


「教師は常にアンテナ高く」脇阪市議、アンケート未公表は「隠蔽」
 中学校校長など38年間教職を務めた脇阪宏一市議は「教師の姿勢で大切なのは、生徒を我が子のように見ること。我が子がいじめられていたらどう対応するのか。そういう心を持たなければならない」と訴える。
 「生徒指導は先手必勝。後回しはいけない」と、脇阪市議は校内暴力が相次いだ中学校に校長として赴任した体験談を語る。校内暴力の日時を手帳に記録し続けたところ、2時間目と3時間目の間の休憩時間と、ホームルーム直後から部活動が始まるまでの時間に集中していることが分かった。いずれも教師が目を離した隙だった。教師が休み時間も教室に留まるように対応したところ、校内暴力の抑止に繋がった。「先生は休憩時間でも子どもの中に入っておしゃべりし、常にアンテナを高くする必要がある」と指摘している。
 大津市の自殺事件では、市教委がいじめと自殺の因果関係を示すアンケート結果について詳しい調査を行わず「事実が確認できない」として公表しなかったが、脇阪市議は「アンケート調査で子どもが書くのは、ほとんど事実。それをないがしろにした市教委、学校の行為は隠蔽以外の何物でもない」と批判している。


2012年07月12日 15:54 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会