滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



停電への備え、大丈夫?

水道企業団「断水ない」、信号は停止
 関西電力は2日から15%の節電を呼びかけている。万一、需給バランスがひっ迫すれば、計画停電も行われる見込みで、関係機関が備えを進めている。
 長浜市内の計画停電エリアは原発30㌔圏内の西浅井、余呉、木之本(一部)を除き、全域に及ぶ。市役所(本庁のみ)や警察、消防、総合病院などは除外される。
 長浜市は6日、関電の担当者から計画停電について説明を受け、職員の態勢を整える方針。支所での住民票発行などの業務を停電時に行えるかは現段階では不明といい、防災危機管理課は「会館や運動施設は停電による使用制限は避けられないのでは」と語る。
 長浜水道企業団は自家発電装置を備えているため、「停電で断水になることはない」と話している。ただし、電力による給水システムを導入しているマンションなどは屋上の給水タンクが空になれば断水する可能性があり、管理会社への確認が必要となりそうだ。
 市内の小中学校では停電時も授業を平常通り行う。給食は調理が停電の影響を受ける可能性があるため、時間を変更して実施する。いずれにしても電力不足が深刻になるころには夏休みに入っており、教育指導課では「停電で学校に影響がある日は限られるのでは」と推測する。
 市立長浜病院、湖北病院は計画停電の対象外だが、診療所や個人院、在宅医療を受ける患者のサポートを受け付ける。
 長浜署では計画停電時に主要幹線道路に署員を配備し、交差点で手信号を実施する。防犯カメラの停止も予測されるためパトロールを強化し、全署あげて事故と犯罪の防止に努める。
 なお、関電の「週間でんき予報」によると、9日までの電力使用率は80〜87%で推移し、「安定した需給状況」。


冷蔵庫・冷凍庫は?
 関西電力では計画停電時の注意を呼びかけている。
 停電で健康状態が心配な在宅医療の患者がいる家庭は事前に医療機関へ相談を。
 停電時はテレビや多くの固定電話が使用できないため、ラジオや携帯電話があれば情報収集できる。
 冷蔵庫・冷凍庫はドアの開閉を控えれば数時間なら温度を維持できる。保冷剤を利用すれば冷蔵庫の保冷効果を高められる。
 水槽の魚などはエアーポンプや水質、水温の管理に注意が必要。パソコンなどの電算機器はデータを保存し、電源を切る。使用中の停電は入力中のデータが消えるだけでなく、故障の原因にも。


2012年07月03日 16:10 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会