滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



余呉湖のあじさい、ピンチ

豪雪で枝折れ、花つき悪く
 余呉湖のあじさいが、大雪のダメージを受け、今シーズン花の数が減少した。貴重な観光資源を復興させようと、奧びわ湖観光協会余呉支部は対策に乗り出した。
 約1万本の木は旧余呉町が17年前、植えたもの。余呉湖周辺は県有地で、委託された町やシルバー人材センターが草刈りなどをしていた。
 ところが、近年、予算の削減で十分な手入れが行われておらず、今冬の豪雪で、木々が損傷。雪の重みで枝が折れたり、寒さで花びら(がく)が付かず、例年と比べ寂しい光景となっている。
 同支部では花のシーズン終了後、施肥や、さし芽などを予算化し、「アジサイ復興計画」の検討に入っており「寒さなどで、木が体力を消耗しており、今年は花のピークが見られない。このままではきれいな姿が無くなってしまう。早く手を打たなくては」と話している。


2012年06月25日 14:51 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会