滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



長浜・北びわ湖大花火大会 入場制限で安全確保へ

港湾にゲート、ワンコインで観覧
 安全管理や資金面から存続が危ぶまれた長浜・北びわ湖大花火大会(8月6日、長浜港湾一帯で開催)の詳細が20日、明らかになった。
 花火の打ち上げ場所は昨年までの突堤から、長浜港沖200㍍に浮かべた台船へと移す。打ち上げ数は約1万発を維持する。
 港湾に集中する観覧客の安全確保が花火大会存続の課題となっていたことから、港湾を有料観覧エリアとし、長浜港へ通じる道路にゲートを設けて入場を制限。いす席(1000円)、シート席(500円)の入場券を持っている観覧客のみ港湾に通す。
 長浜港への入場有料化について、市の担当者は「港湾に観覧客が集中するのを防ぐ措置。無料開放では人数制限できない。市民に花火大会を支えてもらう意味合いもある」と説明している。
 なお、港湾にはいす席2000人、シート1万2000人分のスペースを設ける。無料観覧エリアには豊公園を指定する。
 予算は県・市の補助金1200万円、有料観覧席の売上、企業協賛金、市民の寄付金などを含め総額2525万円。
 花火の打ち上げ費1000万円、警備費700万円、台船のリース費555万円などを見込んでいる。
 例年は花火の打ち上げ費に約2500万円を計上していることから、大幅に削減されることに。打ち上げ時間を従来に比べ30分短縮し45分間とすることで、例年通りの連続打ち上げ花火「スターマイン」主体とする。
 なお、今夏の花火大会に向けて20日、連合自治会や商工会議所、観光協会、商店街連盟、金融機関、国友町歴史文化保存会などが、実施主体となる「長浜花火実行委員会」を設立した。 


2012年06月20日 15:45 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会