滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



心癒す水音のハーモニー

伊藤さん、水琴窟を自作・公開
 水滴の反響音を楽しむ「水琴窟」が山階町の焼肉店「鞍馬亭」(福井崇之店長)の玄関先に設置され、来店者が水音のハーモニーに耳を傾けている。
 水琴窟は、底に穴を空けたかめを伏せて地中に埋め、上から落ちる水滴が空洞で反響して鳴る仕組み。江戸時代中ごろから日本庭園に取り入れられ、昭和以降は徐々に姿を消している。
 同店のオーナー・伊藤守さん(74)=南田附町=が10年余り前に京都で見かけたのを機にその魅力の虜になり、自作を夢見ていた。知り合いの建築会社経営者から深さ約130㌢、直径100㌢のかめを譲ってもらったことで整備構想が進展。焼肉店の店先に設置して来店者に楽しんでもらうことにした。
 手水鉢からかめの中に水が滴り、「聞き竹」に耳を当てると涼やかな反響音が聞こえる。水琴窟の由来や仕組みを紹介した立て看板も設置した。
 「かめの周辺に埋める栗石の量によって響き方が変わる。埋めたり、掘ったりで苦労しました」と語る伊藤さん。「爽やかな音に心も癒される。日本の伝統技術を小さなお子さんから年配の方々に体験してもらえれば」と話している。
 なお、鞍馬亭はイオン長浜ショッピングセンターから市道をはさんで東側。問い合わせは同店☎(62)2915へ。


2012年06月19日 15:30 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会