滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



「うまいぞ!シカ肉」発刊

松井さん、解体から調理まで
 早崎町の鹿肉コーディネーター・松井賢一さん(48)はシカ肉の解体から調理までを紹介した冊子「うまいぞ!シカ肉」を農山漁村文化協会(東京)から発刊した。
 県内では増えすぎたニホンジカによる農林被害が深刻で、営農者の作農意欲を低下させる一方、シカの駆除や処理には費用がかかっている。
 県職員の松井さんは6年前、湖東農業改良普及センターに務めていたころ、獣害対策を担当することになり、シカ肉の有効活用を模索した。
 シカ肉は「クセがありそう」「獣臭い」というイメージが強かったが、適切な血抜き処理により、ヘルシーでおいしい食肉となり、有名レストランやホテル、カレーチェーン店のメニューにも加えられるようになった。
 冊子ではシカ肉解体のイロハから部位別の利用、家庭料理に活かせるレシピなどのほか、洞爺湖サミットの総料理長・中村勝宏さんやフランス料理シェフ・長谷川直さんらのワンポイントアドバイスを紹介している。
 3000冊を発行。142ページ。大手書店、インターネット「アマゾン」などで販売。1800円。


2012年06月12日 18:27 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会