滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



将来は大工?設計士?

長浜西中生が工務店などで就労体験
 長浜西中の2年生225人が市内72カ所の事業所、公共施設で就労体験に取り組んでいる。
 就労の楽しさ、厳しさを学ばせるため、毎年5日間実施している。大塚工務店(八幡東町)には高木裕介君、丸山寛人君、林崎優一郎君、松田尚大君の4人が「入社」。工事現場の手伝いやパソコンを使った建物の設計などにチャレンジしている。
 5、6日は住宅改装現場で、壁に断熱材を貼り付け、石膏ボードを固定する作業を体験。林崎君は「ドライバーでビスを打つのが楽しい」、高木君は「建築物に興味があり大塚工務店を選んだ。将来は設計関係の仕事に就きたい」と語っていた。4人を指導した大工の松田弘さん(60)は「まじめにやってくれているし、若いから仕事の飲み込みが早い」と話していた。


2012年06月06日 17:18 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会