滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



子ども歌舞伎、6万人を魅了

晴天に包まれ、ここ20年で最高の人出
 長浜曳山まつりは15日、本日を迎え、子ども役者が曳山の舞台で華やかな歌舞伎を披露した(写真)。晴天に包まれた日曜日とあってここ20年間で最も多い約6万人の人出(市観光振興課発表)となった。
 高砂山、猩々丸、壽山、鳳凰山の順に長浜八幡宮で子ども歌舞伎を奉納。きらびやかな衣装に身を包んだ子ども役者が見事な演技を見せるたびに「待ってました!」「千両役者!」などの掛け声が出ていた。
 八幡宮での奉納後は、若衆の「ヨイサー、ヨイサー」の威勢のよい掛け声に合わせ、曳山が「お旅所」へと引かれ、道中の大手門通りでも歌舞伎を披露。通りを埋め尽くす観客が盛んにカメラを向けていた。
 市観光振興課では「日曜日、晴天、桜の満開が重なってここ20年で最高の人出」としている。


2012年04月16日 17:08 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会