滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



米中学生、日本を語る

「畳心地よい」、ウォシュレットに驚き
 20年余りびわ中学校と交流している米国ワシントン州ベルビュー市のオードル中学校の生徒が長浜滞在を楽しんでいる。
 一行は中学3年10人と引率2人。7日から14日まで長浜に滞在し、びわ中の行事に参加したり、茶道などの日本文化を体験している。9日には藤井勇治市長と北川貢造教育長を訪ね、日本の印象を語った。
 「畳での生活が心地よい」と語り、襖を外すと大部屋になる日本家屋の構造に感心しきり。ウォシュレット付きのトイレに驚き、「こうしたところに日本の技術力がでている」と話した。また、東日本大震災について「アメリカでも津波の悲惨な映像や写真が報道で流れた」「被災して大変な状況にある中でパニックにならず、自分を律し、協調性を持って避難生活を送っているのがすばらしい」と日本人の印象を語った。
 藤井市長は「若者がしっかりとした意見を持っていることに感心する。国際交流などいろんなことを経験し、たくさんの人と協力し、世界をよくしてほしい」と話しかけていた。


2012年04月11日 15:20 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会