滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



「スカスカ」の雑誌棚

米原の図書館、求むスポンサー
 米原市の財政難で、市立図書館予算の大幅カットに伴い、新年度、雑誌の購入が半減される。図書館では不足分を補うため、企業や市民からスポンサーを募集することになった。
 同市立の近江、山東図書館は今年度、それぞれ110、106種の雑誌を揃えているが、新年度からは両館とも予算が96万円から46万円と50万円削減される。
 雑誌は一般図書と異なり、「消耗品」扱いとなるため、電球やトイレットペーパー同様、年を追うごとに経費削減に見舞われているため、図書館では、貸し出しランキングを元に、必要最低限のみを購入している。
 近江図書館は開館当時、約180種の雑誌を揃えていたのが「売り」だった。
 近年、利用者も増え、2011年度、貸し出し冊数は過去最高の17万2000冊を突破する見通しだが、経費削減のあおりを受け「ワールドサッカーダイジェスト」「月間ベースボール」「週間文春」などが、次々と棚から消えているため、利用者から「なぜ、急にやめたのか」と苦情も絶えない。
 雑誌は新聞と肩を並べるほど人気コーナーのため、図書館では新たな財源を求め、スポンサーを求めることにした。
 県内では野洲、栗東市立図書館がこの制度を導入しているが、全体の1〜2割程度しか浸透しておらず、近江図書館は企業への売り込み(営業)も視野に入れている。
 なお、スポンサーは市内問わず、個人、企業、団体、商店などOK。年間1万円〜1万6000円。特典としてブックカバーにスポンサー名や広告が掲示できる。問い合わせは山東図書館℡(55)4554。


2012年04月04日 15:38 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会