滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



ユニークなゼロ戦カート

童夢の社員が製作、レースで11位
 レーシングカーの開発、製造を手がける米原市三吉の童夢カーボンマジックに勤務する長崎宏明さん(長浜市大辰巳町)ら4人はこのほど、県勢として初めて「レッドブルボックスカートレース」に出場。参加56台中、11位と健闘した。
 レースは先月17日、東京のお台場で開催されたもので、1人乗りの無動力カートで、長さ250㍍の坂道(斜度3%)の途中にあるカーブやジャンプ台を一気に駆けめぐりながら、ゴールを目指す。順位は▽タイム▽出走前のパフォーマンス▽クリエイティブチェック(デザイン、完成度)の総合点で決まる。
 カートは全長4㍍、全幅1・5㍍、高さ2㍍、重さ80㌔以下の規定があるものの、形は自由で、コンセントプラグや釜、歯磨きチューブやケーキなど、絵から飛び出てきたようなユニークなデザインの車が参加した。
 長崎さんと会社の同僚ら4人によるチーム「目標をめがけて特攻」は、337件の応募の中から書類選考を突破。FRP樹脂で戦闘機のゼロ戦をイメージしたカートを約2カ月かけ、製作した。
 長崎さんは「日本的なものといえばゼロ戦。モノづくりの楽しさだけでなく、アピールする場を作ってもらい楽しかった」と話している。
 カートは湖北町速水の湖北公民館に28日まで展示している。


2012年04月04日 15:35 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会