滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



命、親を大切にした元三大師

虎姫の園児、カルタ遊びで学ぶ
 とらひめ認定こども園(大橋英子園長)で29日、「元三大師かるた」のカルタ大会が開かれ、園児たちが遊びながら地元の偉人について学んだ。
 元三大師は比叡山(天台宗)を再興し、おみくじを発案したとして有名。カルタは地元の人たちが、遠忌1025年を記念して制作し、地元の小学校などに配布したもの。
 同園の園児たちは先週、元三大師が幼少の頃まで、住んでいた三川町を訪問し、大きな二重屋根の玉泉寺や、村人らが比叡山に行く大師を見送ったとされる「いとまごい橋」などを見学。元小学校校長の奈須和臣さん(79)から、元三大師が、人の命や親を大切にしていたことを学んでいた。
 この日は5歳児とその保護者約50人が、グループに分かれカルタ取り。「角大師、疫病神を退ける」「母想う、孝心深き大師様」「垂乳根の母美しき月子姫」などと読み上げられると、元気良く札を取り合っていた。


2012年02月29日 21:14 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会