滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



「曲水の宴」など再現

テオリアで木目込み人形展
 「春の木目込み人形展」が27日から大通寺東側の十里街道生活工芸館テオリアで始まった。3月末まで。
 木目込み人形は、桐粉で作った人形に着物などを着せたもの。神前町の木村栄子さん(雅号・真尚栄)の指導のもと、テオリアの教室で学ぶ生徒11人が作品を展示している。
 平安神宮などで行われている「曲水の宴」を再現した作品は、泉はるみさん、宮本洋子さん、金澤都さんが出品。水の流れる庭園で華やかな十二単の女性貴族、束帯と烏帽子姿の男性貴族が優雅に詩歌を詠む情景を表現した。
 午前10時から午後4時まで。火曜休館。


2012年02月28日 20:58 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会