滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



反対多数も「具体性欠け」

長浜の未来を拓く教育検討委員会
 市内の高校のあり方を考える「長浜の未来を拓く教育検討委員会」が24日、市役所で開かれ、市内の各種団体から、県教委の進める高校再編計画について意見を聴いた。
 市PTA連絡協議会は再編計画について、これから高校に進学する子ども達の混乱や不安を招き、不利益。保護者として到底納得できるものでない、と話した。
 自宅から徒歩、自転車で通学できる範囲内で、進学に力点を置いた高校やスポーツ、芸術で力を伸ばせる高校、企業の即戦力を養成する高校など、多様な進路選択ができることが理想像とし、内藤正晴会長は「普通科の最低確保が最優先。大人の失政が、子どものしわ寄せにならないようにしてほしい」と述べた。
 学校運営協議会は社会情勢、少子化など現実に対応して改革が必要とする意見や、長浜北、長浜は伝統や特徴が違い、統合の対象にするには無理があるという反対の声を紹介し、子どもたちのためになる再編を、と訴えた。
 市小中学校長会は▽(交通、雪や体育、英語など専門コースがないなど)湖北の高校が環境面で不利にならないような教育▽適正規模の議論を深めて▽(障害者、不登校児など)ハンディキャップのある子にも平等な教育▽湖北の募集定員の確保―などを求めた。
 これらの意見を聞いた委員からは「具体性に欠けている。現状では(県教委の再編計画に)対抗できる状況ではない」と指摘する声も。委員会は「長浜教育みらいフォーラム」などを参考に、議論を深め、県教委に提言する意向。


2012年02月24日 16:14 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会