滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



トライアル採用増加

県内企業、雇用方針を調査
 しがきん経済文化センターは県内企業を対象に今春と来春の雇用方針をアンケート調査。これによると新卒採用の抑制姿勢が強いことがわかった。
 昨年11月、県内企業532社から回答を得たもので、今春の新卒者の採用を「前年より増やした」「ほぼ同じ」の合計が3割弱にとどまり、一方、「採用なし」が約6割に上っている。
 来春については「前年より増やす」と「ほぼ同じ」が22・9%と減少。「採用を行わない」が66・4%と微増し、厳しい雇用環境が続く見込み。
 業種別では今春、非製造業が他の業種と比べ、やや前向きで「採用人数を増やした」「ほぼ同じ」が32・7%。しかし、来春については「採用を行わない」が67・8%で他業種と比べ、逆に最も高い。
 従業員数別でみると事業規模が大きくなるほど今春、来春とも採用に積極的な企業が多く見受けられた。
 また、採用法では試用期間を設けた「トライアル採用」が約4割と最も多く、増加傾向。企業と新採のミスマッチ解消に努めている。


2012年02月14日 15:34 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会