滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



戦国博、内容着々と

木之本会場には七本槍キャラも
 江・浅井三姉妹博覧会に続く「長浜・戦国大河ふるさと博覧会」(3月24日〜12月2日)の内容が固まりつつある。三姉妹博の会場となった市街地(パウビル)、浅井、小谷に加えて賤ヶ岳合戦の舞台となった木之本にも会場を設け、「七本槍」のキャラクターを制作するなど、市北部地域への観光客の誘致も目指す。
 きのもと交遊館を「戦国大河きのもと館」とし、戦国時代の情景を体感できるジオラマを展示。大型年表と可愛いらしい七本槍のキャラクター、映像で賤ヶ岳合戦を解説し、5㍍の長柄槍を体験できるコーナーも。「秀吉の大返し」と七本槍の活躍をオリジナル映像で紹介する。
 また、賤ヶ岳合戦の舞台となった余呉湖周辺や小谷山、姉川古戦場を大パノラマで望める賤ヶ岳山頂を「語り部ガイド」が案内する。
 このほか、市街地パウビルの「戦国大河ながはま館」では大河ドラマで使用された甲冑や衣装の展示、ドラマ映像の放映がある。
 浅井歴史民俗資料館は「戦国大河あざい館」として、姉川の合戦と浅井三姉妹をテーマにした展示。小谷城跡は「野外博物館」として、語り部ガイドが案内する。竹生島クルーズも行う。


2012年01月25日 15:39 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会