滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



佃常観さん洋画展

プラザふくらの森、風景画30点
 南呉服町の洋画家・佃常観さん(73)の個展がプラザふくらの森(内保町)で開かれている。
 佃さんは木之本町大音生まれ。滋賀大教育学部を卒業後、中学の美術教諭を務め、七郷小学校の校長を最後に退職。引退後は中央画会に作品を出品し、日展7回入選。現在、光風会会友、県美術協会会員。市内の公民館などで絵画教室を開いている。
 展示しているのは日展入選作の「山里の冬」「春雪」や光風会展入選の「待春」「湖北春雪」(いずれも100号)をはじめ、湖北の四季を中心に描いたスケッチ30点。佃さんは「(プラザふくらの森で)盆梅展が開催されないため、壁面を芸術品で飾ってほしい、という施設の思いに応えた。足を運んでもらえれば」と話している。午前9時から午後5時、2月5日まで。無料。


2012年01月18日 14:49 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会