滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



巫女さんが迎春準備

長浜八幡宮で破魔矢作り最盛
 正月まであと5日。毎年、多くの参拝客で賑わう長浜八幡宮で迎春準備がピークを迎えている。
 神社では冬休み期間中、アルバイトの巫女が連日、破魔矢や絵馬、熊手などを作っている。
 破魔矢には来年の干支「辰」が入った絵馬や「開運招福」「厄除守護」などと書かれた飾り物が入り、約2000本を用意。
 飾り物を付けていたアルバイトの田中すみれさん(16)と大谷麗菜さん(16)の2人は「巫女さんは初めての体験。難しいが一生懸命仕えたい」と話していた。
 八幡宮では15万人の参拝客を見込んでおり、巫女20人体制で臨む。


2011年12月27日 10:04 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会