滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



初演!3D紙芝居

劇団プラネットカンパニー
 湖北地域を中心に活動している劇団プラネットカンパニーは24日午前10時半から、米原市のルッチプラザで役者が紙芝居を演じる「おはなし劇場」を開く。
 劇団は長浜北、長浜北星高校演劇部の卒業生5人がメンバー。7年前に結成し、文産会館などで公演している。
 今回、地域でのイベント(紙芝居)を計画したが、劇団ならではの特徴を生かし、「3D紙芝居」を思いついた。
 舞台は紙芝居に合わせて役者が、その物語を演じる。「くいしんぼのロボットちびろぼ君」はちびろぼ君が、ケーキを盗もうとする悪者を捕まえる、「クリスマスなんか、だいきらい」はサンタからプレゼントを奪ったオオカミが騒ぎを起こすストーリー。
 2作とも幼児から大人まで楽しめる内容で、代表の北沢あさこさんは「普通にやったら、面白くないので、劇団ならではの紙芝居にした。初の試みだが、私たちの活動を知ってもらえれば」と話している。
 入場無料。事前申し込み不要。


2011年12月22日 14:54 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会