滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



地震体験車を導入

湖北地域消防本部
 湖北地域消防本部は東日本大震災などが再現できる最新型の「地震体験車」を導入した。
 阪神淡路大震災以降、市民の地震に関する関心は高くなり、「地震体験」の要望も増加。昨年だけで80件以上の問い合わせがあった。
 しかし、県内には県と湖南広域消防本部が所有する2台しかなく40件しか応じることができなかった。
 今回、導入したのは関東大震災や新潟県中越地震など17種類のパターンをコンピュータープログラムで体験できるもの。
 今後、想定される東海、東南海地震や緊急地震速報などにも対応でき、発電機能を搭載しているため、電源車としても利用できる。
 東日本大震災を再現できる車は全国で2台目。来年1月の出初め式で披露後、各自治会、学校、企業の防災指導に役立てる。総事業費は2625万円。


2011年12月21日 14:03 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会