滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



高校再編、1年延期へ

藤井市長「今年中に検討委設置」
 県教委は9日、教育委員会を開き、今年度中の策定を目指していた県立高校再編計画を来年度に先送りする方針を確認した。これを受け、長浜市の藤井勇治市長は「我々の要望が認められた。今年中に長浜、長浜北高の統合の必要性も議論する検討委員会を立ち上げ、県教委に提言してゆきたい」と話している。
 県教委は今年7月、長浜、長浜北の統合、長浜北星の定時制廃止などを盛り込んだ再編計画の原案を発表した。しかし、統合校の将来像が示されないなど、説明不足が目立ち、地元から原案の白紙撤回を求める声が出ていた。県議会も9月定例会で慎重な検討のため、1年以上の延期を求める決議を可決していた。
 この日、末松史彦教育長は「再編の必要性は認識されている。しかし、どの学校かという点で唐突感があった。説明不足で不安を招いた」と語り、これまで「ベスト」と表現していた計画原案については「いい提案があれば修正していく」とした。
 藤井市長は「学校が減らされる再編に県民は敏感だった。県教委は新高校のビジョンを具体的に示し、納得と期待のある説明が必要だった」と語っている。また、市から県教委に再編案を提言するため、今年中に教育の専門家らを含めた検討委員会を設置する方針を示し、「長浜、長浜北の統合の必要性も含めてゼロベースで議論したい」としている。


2011年11月10日 17:54 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会