滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



刺激受け、創作意欲を

被災地のガラス作家、長浜を見学
 東日本大震災で被災した宮城県登米市のガラス造形作家・後藤洋一さん(49)が26、27の両日、長浜市の市街地を訪れ、復興に向け創作意欲を高めた。
 後藤さんはサンドブラスト(ガラス彫刻)やパート・ド・ヴィエール(古代型ガラス)を得意とする作家で、仙台や関東を中心に活躍しているが、震災で作品の大半が被害を受けた。
 知人の夫婦も未だ、行方不明のままとなっており、落ち込んでいた後藤さんは被災地で拾い集めた割れガラスを溶かし、ペンダントを制作。義援金活動を展開している。「新たな刺激を受け、創作意欲に結びつけば」と「ガラスの街」長浜行きを思いついた。
 黒壁美術館などを見学した後藤さんは「長浜の賑わいに驚いた。ガラス作品だけでなく、竹細工なども独創的な作品が多く、印象に残った」と話している。


2011年10月27日 16:13 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会