滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



市民プールで菊花展

高齢化で大通寺から撤退
 菊愛好家の高齢化で例年、大通寺で開催される長浜菊花展の会場が今年、市民プールに変更された。人通りも少なく、伝統のある展示会ゆえに関係者から惜しがる声も出ている。
 主管する長浜豊香会によると、会員の高齢化が進みここ5、6年、会員が10人単位で脱会。ピーク時、120人いたメンバーは39人まで減少した。
 かつては彦根と肩を並べるほど有名だった長浜の菊花展。大通寺には長さ70㍍の三段飾りに約800鉢が、華やかに並んだ時代もあったが、資金難や会員不足で会場設営も困難となり、61回目となる今年は市民プール管理棟の軒下を借りて、約100鉢を並べている。
 場所がわかりにくく問い合わせも相次いでおり、事務局の越中隆さんは「(来年以降)他会場との合併を含め、最善策を考えたい。やせる思いで、さみしい限り」と話している。
 なお、菊花展は午前8時半から午後5時、11月13日まで。


2011年10月25日 18:54 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会