滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



ネギに続き、文房具

小谷丁野自治会、宮城に贈る
 小谷丁野町自治会(荒木重幸自治会長)は19日、東日本大震災の被災地、宮城県に「善意の文房具」を発送した。
 自治会は今月9日の町民運動会で、住民から不用の文房具を募集。ノートや鉛筆、絵本などダンボール20箱分が集まった。
 また、運動会では毎年、会場に万国旗を掲げるが、今年は幸せのシンボル、黄色いハンカチに励ましのメッセージを書き、吊るした。
 この日は自治会のメンバー6人が、ダンボールに文房具と300枚の黄色いハンカチ、支援活動を撮影したCDを同封した。
 同自治会は3月にも福島、宮城県にネギ6000株、味噌100㌔を贈っており、荒木自治会長は「最高の支援は、忘れないこと。人々の気持ちが薄らぐ中、活動が続けられるのは住民の力」と話している。文房具は宮城県PTA連合会を通して、県内小中学校に配布される。


2011年10月20日 19:55 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会