滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



たぶ、樫の木がシンボル

速水、下草野小で詩、物語の発表会
 長浜市内の2つの小学校で18日、学校のシンボルツリーにちなんだ催しが開かれた。
 速水小学校では音読発表会「たぶの木フェスタ」が開かれた。同校の中庭には平成18年の校舎の改築に伴い、たぶの木が植えられ、以降、中庭を会場に毎年、発表会を開いている。
 この日は全校児童が詩人の谷口和彦さん(大阪)の詩「たぶの木のうた」を朗読。学年別に発表し、たぶの木に大きな声をプレゼントしていた。

 下草野小学校では「かしの木物語」のお披露目があった。
 同校の前庭には創立時(明治30年)に、樫の木が植えられた。
 子どもたちの成長を見守ってきた木は地域に愛され、昨年、住民から木にまつわるエピソードなどを募集。「かしの木物語」としてまとめられ、曲や絵もできあがった。
 この日は地元、朗読ボランティアが心温まる物語を初披露した。


2011年10月18日 18:02 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会