滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



福本さんが個展

テオリアで
 元びわ南小校長の福本庄司さん(66)=川道町=の個展「陶と画」が大通寺東側の十里街道生活工芸館テオリア(神前町)で開かれている。
 福本さんは教職を定年退職後、趣味で陶芸や書道、洋画を始めた。陶芸は市美術展覧会で4年連続の特選、書も今年初めて特選に輝くなど腕前を急上昇させている。最近は全国の陶芸の産地を巡りながら、自然風景をスケッチし、油絵で表現している。
 個展では壺や茶碗などなどの陶芸136点、風景や静物を描いた油絵12点、書2点を展示している。
 福本さんは「信楽の土をベースに、地元のいろんな土を混ぜて焼いている。将来、『姉川焼』でも作れれば」と話している。
 午前10時から午後4時。火曜休館。31日まで。


2011年10月12日 17:03 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会