滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



会津でしゃぎり演奏

月宮殿若衆、仮設住宅訪問
 長浜曳山まつりの山組、田町組月宮殿の若衆15人(村居弘之筆頭)がこのほど会津若松市を訪れ、避難生活を送る被災者に曳山まつりのしゃぎりを披露し、元気を届けた。
 同市の鶴ヶ城一帯で開かれた「会津まつり」に参加し、山車を曳く際に演奏する「獅子」、狂言前に場を落ち着ける「ななし」、狂言のスタートを告げる「出笛」の3曲を特設ステージで演奏した。
 また、仮設住宅3カ所でもしゃぎりを演奏。「避難している子ども達のために」と、曳山まつりのパンフレットと今春のまつりで集めた義援金をそれぞれの自治会長に手渡した。
 副筆頭の中村豊さんは「滋賀から応援に来たことにとても喜んでもらえた。また、機会があれば、協力したい」と話している。


2011年09月27日 16:17 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会