滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



地元県議にに協力求める

高校再編で長浜市議会委員会
 県立高校再編をめぐり、計画原案の白紙撤回を議決している長浜市議会の総務教育常任委員会(浅見勝也委員長)はこのほど、市内選出の県議4人を協議会に招き、計画原案の白紙撤回に協力を求めた。
 計画原案に反対している青木甚浩県議(自民)のほかは、会派との意見調整などを理由に態度を明確にしなかった。自民党県連政調会長の川島隆二県議は「原案に賛成している訳ではない。しかし、原案の白紙撤回まで踏み込めるのか、議論の余地はある。県議の温度差がまったく違う。どのように議論を持っていくのか」と語り、26日、県議会の過半数を占める自民会派内で再編について協議するとした。
 同じく自民の野田藤雄県議も「皆さんの思いは十二分に分かっている。会派の皆さんの意見を聞いていきたい」と話した。
 教育問題を扱う文教・警察常任委員会に所属する大橋通伸県議(民主)は「余力のあるうちに(高校再編の)舵を切らなければならない。今すぐなのか、1年待つべきなのか、もう少し議論の時間が必要」と語り、反対を迫る市議に理解を求めた。
 浅見委員長は「地域の実情や反対の声に耳を貸さず、ゴリ押しで進めるのは禍根を残す。一度、立ち止まって再考するしかない。最終的に頼りになるのは県議。私達の意を汲んで頂きたい」と訴えていた。


2011年09月26日 15:30 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会